管工事施工管理技士 試験に合格する勉強法・秘訣になる合格体験談 掲載中!

九州建設専門学院

管工事施工管理技士 試験合格講座

0120-09-7611
人材開発支援助成金制度対象講座教育訓練給付制度対象講座
閉じる

合格者の声(合格体験談)

九州建設専門学院で学ばれ見事に「管工事施工管理技士」を取得された皆様から「お喜びの、感謝の、そして成功の軌跡」が毎日のように事務局に寄せられています。これらの合格体験談は、これから国家資格取得を目指される皆様の励みとなることでしょう。合格者の皆様、誠におめでとうございました。また、ご協力ありがとうございます。

101~120件表示(全307件掲載中)
1級土木と1級管工事に同時合格し資格手当を頂けた
吉岡 孝さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (53) 福岡県福岡市東区
吉岡 孝さん

 学科を受験した時に貴学院のチラシをもらっていて、問合せをしました。独学では不安だったので学校を探していたら、貴学院が良かったので申し込みしました。
 選択問題のところは貴学院から頂いた問題を丸暗記して、苦手な計算問題は捨てることにしました。割り切りが必要だと感じたのですが、それが効を奏しました。作文の添削指導を受けましたが、先生が非常に的確に指摘してくださるのでとても解かり易かったです。
 お蔭様で1回で合格できました。ありがとうございました。1級土木と1級管工事と両方取ることができ、資格手当も頂くことが出来ました。忙しいですが、充実した日々を過ごせています

吉岡 孝さん(ヨシオカタカシ)〔九州建設専門学院No.348880〕
九栄会かわら版 平成26年12月号・・・No.1562 
取材:平成26.9.24(中村)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
学校に通っていなければどうなっていたかわかりません
弥栄勝典さん
2管(2級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (42) 福岡県福岡市中央区
弥栄勝典さん

 資格を取得する際独学の方も多いと思いますが、私は貴学院に通い同じ目的をもった方達と勉強をし、手っ取り早く1回で合格する為に甘えを捨てて勉強に取り組む方法を選びました。独学だと気が緩み甘えが出てしまうかもしれないですが、学校に通いお金と時間をかけている分、そういった甘えを捨てることができ、実際の仕事には関係ないところも先生が試験の対策を教えてくれるので、試験に向かっての近道ができると感じました。半年くらいは仕事以外、家にこもって教科書にしっかり目を通し文章を暗記したりしました。毎日目を通して体になじませて試験に挑んだので、予定通り1回で合格することができました。正直、貴学院に通わなかったらどうなっていたかわかりません。独学で何年も頑張られている方は1年で合格するという気持ちをもって学校に通い、しっかりと勉強に向き合うことをお勧めします。試験勉強で学んだことはなかなか仕事にはリンクしませんが、技士という資格を取得したのでしっかりと仕事にも励んでおります。その節はお世話になりました。

弥栄勝典さん(ミエカツノリ)〔九州建設専門学院No.327865〕
九栄会かわら版 平成26年12月号・・・No.1560 
取材:平成26.9.14(井上)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
先生の教えを守って
松尾浩二さん
2管(2級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (26) 福岡県古賀市
松尾浩二さん

 以前、2級を取得する際、貴学院にお世話になりました。講座の案内がFAXにて会社に届いていて、会社からも資格取得を勧められていたので通うことにしました
 学校で勉強をする際、特別なことはしていません。先生が教えてくれることをしっかり覚えるだけですね。毎年の傾向を噛み砕いて教えてくれるのでポイントを押さえて本試験に挑みました。お陰様で合格です。今の仕事も資格がないとできないので活用させてもらっています。ゆくゆくは1級も、タイミングがきたら取得しようと思っています。どうもありがとうございました。

松尾浩二さん(マツオコウジ)〔九州建設専門学院No.332926〕
九栄会かわら版 平成26年11月号・・・No.1559 
取材:平成26.9.15(井上)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
普段の生活リズムを崩す事なく合格し資格を取得しました
伊藤考邦さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (40) 北海道札幌市
伊藤考邦さん

 資格をとるのは仕事上必須なので、1回独学でこの試験に挑戦しました。しかしその年は実地を落としてしまいました。学科なら答え合わせをしてどこが間違っているかがわかるので次回の対策がしやすいですけど、実地は答え合わせもできないし模範解答もないので、このまま手さぐりで挑むより、学校に頼るべきだと思いました。なんとなくインターネットで貴学院がヒットし、値段も手ごろだったので申込みをしました
 私は北海道に住んでいるのですが、九州にある貴学院でも作文の添削をメインに勉強を進めていったので距離の問題もなく程よいペースで勉強に取り組むことができました。皆さんそうでしょうが、受験があるからと言っても仕事が忙しいのは変わりません。しかし先生が必要なところを簡潔に指導してくれるので、勉強に余計な時間をかけず、普段の生活リズムを崩す事なく合格し資格を取得しました。もし独学で、手さぐりで勉強をしていたらこうはいかなかったと思います。大変お世話になりました。ありがとうございます。

伊藤考邦さん(イトウタカクニ)〔九州建設専門学院No.30723〕
九栄会かわら版 平成26年11月号・・・No.1548 
取材:平成26.8.29(井上)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
休まずに講義に参加
八重樫紀彦さん
2管(2級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (32) 福岡県糟屋郡宇美町
八重樫紀彦さん

 会社が空調関係の仕事をしており、管工事の資格は会社から取得するようにということで受験しました。貴学院の講座も会社の勧めを受けて受講しました。
 管工事の試験内容は範囲が広く、自分のやってきた仕事以外のことも勉強しなければならなくて難しかったです。なかなか自分ですべて勉強するというのは大変なので、貴学院にお世話になって良かったと思います。講義も毎週休まずに参加しましたし、施工作文の添削指導もしっかり受けさせていただきました。試験は手応えもあったのですが、専門以外の問題もあったので不安もありましたが、無事合格できた良かったです。
 会社からは次は1級を取って欲しいと言われていますので、仕事がひと段落したら1級を目指そうと思っています。

八重樫紀彦さん(ヤエガシノリヒコ)〔九州建設専門学院No.319268〕
九栄会かわら版 平成26年10月号・・・No.1528 
取材:平成26.7.30(茅野)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
合格は良い意味での想定外でした
草刈秀太郎さん
2管(2級管工事施工管理技士・実地) 男 (38) 福岡県福岡市城南区
草刈秀太郎さん

 勉強が本当に苦手な私が貴学院に入学し、2回目の試験で実地まで合格したという結果は、自分の中では上出来だと思っています。五郎丸先生のお陰です。本当に有難うございました。
 実は最初に資格を取ろうと思って貴学院に資料請求したときは、5年くらいかけてこの管工事の資格を取得できたらという計画でした。しかし職員の方からそんなに時間をかけなくても合格できますよというアドバイスから始まり、基礎からの受講で2年目に合格したのは本当に想定外でした。先生の指導はポイントが絞り込まれた的確なものだと改めて感じると同時に先生への感謝の気持ち、これに尽きます。資格はいろいろと取得したいですが、勉強は相変わらず苦手なので困ったときはまた貴学院にお世話になろうと思っています。

草刈秀太郎さん(クサカリヒデタロウ)〔九州建設専門学院No.314801〕
九栄会かわら版 平成26年10月号・・・No.1515 
取材:平成26.7.17(池田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
学校の講義がいい刺激になりました
吉髙映二さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (62) 福岡県福岡市城南区
吉髙映二さん

 会社が商業施設やビルの設備工事をしているので、仕事上1級を取得しようと思いました。学科は何とか自分でやれたのですが、実地は失敗して翌年は必ず合格したくてどこか学校へ行こうと思いました。試験会場でアンケートを書いていたので貴学院から実地試験対策の案内が届き、すぐに申込みをしました。独学のときは果たしてこれが正しい解答なのか不安でしたが、学校へ行って先生の講義を受けて大事なポイントを勉強できた事が良かったです。教室で同じ目標を持ったみんなと勉強できたのがとてもいい刺激になりました。元々建築が専門なので次は1級建築施工管理技士に挑戦します。また実地試験対策でお世話になると思いますので、その時はよろしくお願いします。

吉髙映二さん(ヨシタカエイジ)〔九州建設専門学院No.357484〕
九栄会かわら版 平成26年9月号・・・No.1476 
取材:平成26.6.29(西田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
生講義の授業に長崎から通学して正解
喜多弘志さん
2管(2級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (43) 長崎県西海市
喜多弘志さん

 2級管工事の資格取得は会社の社長からの指示で受験しました。会社は土木をメインでやっていますが、浄化槽などの仕事もあって管工事の資格も必要でした。土木の現場は工期が長いところが多く、有資格者が現場代理人になると入札の時などに有資格者が不足してしまうので取っていた方が良いという話でした。貴学院に受講をお願いしたのは社長からの勧めでした。
 以前、土木の時はN学院の講習に行ったのですが、通学でもビデオ講習でした。貴学院は生講義でされるので、講師に直接質問できて本当に良かったです。N学院は先生がいませんので、講義の内容について質問すると事務所の営業マンから「聞いておきます」という返事が返ってきました。そう言うわけで質問の解答が返ってくるのはどうしても1、2週間後でした。やはり人対人という講義体制は大事だと思います。貴学院では先生も質問にしっかり対応していただき、その場で納得のいく解答をいただけました。学科の問題の対策も貴学院からもらった資料でしっかりできましたが、実地の試験は自分にとって問題に恵まれた所もありました。試験の直前の講習のほかに施工作文の添削指導もして頂きましたが、現場の指導監督的立場で物事が見られているか、用語などの使用方法が適切かなど、先生に適切に添削していただき大変参考になりました。今回、お陰様で無事合格できて本当に良かったです。
 今年は、続けて勉強した方が資格を取得しやすいということで、1級管工事の資格取得を目指してがんばっています。

喜多弘志さん(キタヒロシ)〔九州建設専門学院No.136009〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1456 
取材:平成26.5.29(茅野)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
作文の添削指導が助かりました
小野忠満さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (49) 福岡県大野城市
小野忠満さん

 会社では建築を専門にやっているのですが、建物の設備工事等もあるので管工事以外の施工管理技士の資格は全て1級を取得しているので今回挑戦しました。実地試験の作文が多少不安でしたので試験会場で貴学院のことを知り、丁度タイミングよく実地試験対策講座の案内が届いたのですぐ申し込みをしました。
 勉強は主に先生から作文の添削指導をしてもらい2日間の講義をしっかり受講しました。それ以外は試験前に早起きして少し勉強した程度です。やはり作文の添削指導が助かりました。ありがとうございました。

小野忠満さん(オノタダミツ)〔九州建設専門学院No.357428〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1445 
取材:平成26.5.29(西田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
勉強範囲を絞ってやれたのが良かった
長友保徳さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (61) 宮崎県児湯郡新富町
長友保徳さん

 会社が空調関係の仕事をしているので仕事上資格を取得しようと思いました。学科は何とか自分で出来ましたが、実地試験の勉強は年齢的に限界を感じて学校を利用しようと考えました。学科試験時に貴学院を知り、実地試験対策講座をされていると聞いて申し込みをしました。
 仕事は空調関係しかやっていない為、他の内容になると自信が無くて貴学院の実地試験対策講座である程度絞ってポイント的にやれたのが独学と全然違って良かったです。仕事から帰って夜やるよりは朝の方が頭に入るので特に試験前は朝、出勤前の1時間から2時間くらいやりました。本番の試験を受けて、あまり自信はありませんでしたが、合格発表日に合格している事を聞いて驚きました。1級に合格したので、今までの現場経験を活かして今後は若い人へいろいろと指導していきたいと思います。この度はお世話になり有難うございました。

長友保徳さん(ナガトモヤスノリ)〔九州建設専門学院No.354958〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1444 
取材:平成26.5.29(西田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
1級の資格を活かして仕事をやって行く
馬場利雄さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (48) 福岡県行橋市
馬場利雄さん

 会社が建設業で造園工事を主体にやっていますが、少しずつ水道工事にも力を入れていっているので1級管工事施工管理技士にチャレンジしようと思いました。学科は独学でやれたのですが、実地は独学では難しいと思い試験会場で貴学院の実地試験対策講座の案内をもらってからすぐ申し込みをしました。
 勉強は仕事の昼休みと仕事から帰って夜やっていました。やはり、現場の経験があまり無いので施工作文、経験記述の添削指導がいろいろと勉強になってよかったです。せっかく1級の資格を取得したので、これから資格を活かして仕事をやっていこうと思います。そして、1級土木施工管理技士にも挑戦したいと考えています。この度はお世話になりました。

馬場利雄さん(ババトシオ)〔九州建設専門学院No.210008〕
九栄会かわら版 平成26年8月号・・・No.1443 
取材:平成26.5.29(西田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
DVD教材が参考になりました
金城 竜さん
1管(1級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (34) 沖縄県島尻郡八重瀬町
金城 竜さん

 前回、学科を受講した時からの流れで実地の勉強をしました。
 学科の時もDVDが非常に参考になったので、実地の時も同じように送られてきたものを観て勉強しました。先生が要領よくポイントを押さえて教えて下さるので分り易い内容でした。ただ、施工作文については添削してもらいたかったのですが、ちょうど仕事の忙しさと重なり結局添削分は出せずじまいでした。ぶっつけ本番のような形で本試験に臨みましたが、それでも合格できたのはDVDの教材がそれなりに良かったからだと思います。ありがとうございました。

金城 竜さん(キンジョウリョウ)〔九州建設専門学院No.263322〕
九栄会かわら版 平成26年6月号・・・No.1392 
取材:平成26.4.21(徳田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
あらゆる面でのサポートが強かった
伊吹昌之さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (40) 長崎県大村市
伊吹昌之さん

 この度は1級管工事施工管理技士の最終合格にたどり着き、当初の目的を無事に果たす事が出来ました。先生方や職員の皆様のご支援のお陰です。本当に有難うございました。実地試験の合格発表が待ち遠しく、今回合格を確認した時はホッと胸を撫で下ろす気持ちでした。私自身の喜びもさることながら、身内にも祝福され今年の合格を命じられていた会社からもお祝いが出たりと本当に努力が報われた気持ちでいっぱいです。
 今回合格した実地試験はやはり施工経験記述が要だと思います。添削指導は書くのが面倒なところもありますが、辛抱して書くことが大切です。頑張って乗り切れば納得のいく文章が準備できるはずです。後はそれを覚えて頭に入れておけば問題ありません。実地の選択問題も受講のお陰でバッチリ出来ました。受験自体が初めての私にとっては学科試験の方が大変だった印象が強いです。入学した直後や願書受付の時など戸惑う事が多かったですが、職員の方が色々と教えてくださり心強かったです。内容的な部分でも精神的な部分でも貴学院の全面的なサポートがなかったら1回目の受験で合格するのは難しかったと思います。
 今後の予定としてはまず公害防止管理者を取得し、その他仕事で活用できる資格を目指していきたいです。本当に貴学院の存在が大きかったと感謝しています。

伊吹昌之さん(イブキマサユキ)〔九州建設専門学院No.140810〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1376 
取材:平成26.3.29(池田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
施工作文添削のお陰
宮城 渉さん
2管(2級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (31) 沖縄県宜野湾市
宮城 渉さん

 設備関係の仕事をやって10年になります。過去2回ほど独学ではありましたが、2級の試験を受験しました。しかし、うまくいかずあえなく敗退しました。今度は何とかしようと思い、独学では無理なのでインターネットで通信教育の学校を検索して貴学院を知りました。
 教材は分り易かったと思います。皆さんもそうでしょうが、私もなかなか仕事が忙しくあまり学習時間が取れませんでした。そういう中で、とにかく届いたDVDは出来るだけ繰り返し見るようにしました。学科の方はこれでいけると確信しました。次は施工体験記述ですが、過去2回はここでしくじったので添削指導は本当に助かりました。やはり、プロの先生から添削してもらうといろんな問題点や課題が浮き彫りになり、なぜ自分が合格できなかったのかがよく理解できました。しっかり添削指導していただいたお陰で、ここも難なくクリアしました。本当にありがとうございました。勿論、次は1級を考えています。

宮城 渉さん(ミヤギワタル)〔九州建設専門学院No.30249〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1374 
取材:平成26.3.30(徳田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
短期集中でやっと合格出来た
南 進正さん
2管(2級管工事施工管理技士・実地) 男 (62) 鹿児島県大島郡与論町
南 進正さん

 設備工事の会社を営んでおり、この管工事の資格はどうしても必要でした。以前、浄化槽設備士の受験対策講座の際にお世話になっていたので、今回も貴学院の通信講座に申し込みました。
 学科試験は2回目の挑戦で合格できたのですが、実地試験が上手くいかず再度実地対策講座を申し込み、再挑戦する事にしました。
 仕事と勉強の両立でしたが、年齢が60歳を過ぎている事もあり、なかなか長期的に勉強するのは難しかったので、試験の1ヶ月前から短期集中して勉強に取り組みました。
 貴学院のDVD講座は非常に分り易かったです。もし分らない箇所があっても、その部分を繰り返し2~3回見直せば理解を深める事が出来ました。
 受験を志してから合格まで時間は掛かりましたが、やっと資格を手にする事が出来るのでホッとしています。存分に仕事に役立てていきたいです。
 年齢は還暦を過ぎていますが、生涯勉強と思い次は2級建築士の勉強を始めようかと考えています。貴学院の通信講座へまたお世話になるかもしれませんが、その際はどうぞ宜しくお願い致します。この度はありがとうございました。

南 進正さん(ミナミシンセイ)〔九州建設専門学院No.291761〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1372 
取材:平成26.3.28(佐竹)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
前の学校がひどすぎました
古賀英夫さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (40) 佐賀県鳥栖市
古賀英夫さん

 自営で管工事業を営んでいます。管工事組合にも入っているので先々を考えると、やはり2級よりも1級を持っていた方がいいだろうと思い資格を取ろうと思いました。
 以前、学科には合格していましたが、別の学校で受けた講習内容がひどかったので見事に実地は不合格でした。2日間の講義で講師は自分の自慢話ばかりして、まともに講義らしい講義をしたのは全体の5分の1ほどだったと思います。施工作文の添削もきれいな字で書けば大体合格しますよと言って、ろくに内容も見ようとしませんでした。本当にひどい学校でした。
 今回は2回目なので、前回の学校のようなところには行きたくありませんでした。試験会場でアンケートに応えていたので貴学院から案内が届き、ここならと思って申込みました。期待通り、講義も添削指導も良かったです。施工作文の課題も、丁度勉強していたところから出題されたのでラッキーでした。
 今年、1級の土木を受験しようと考えていますが、学科は何とか独学でいけそうなので実地でお世話になろうと思っています。本当に有難うございました。

古賀英夫さん(コガヒデオ)〔九州建設専門学院No.357437〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1364 
取材:平成26.3.20(徳田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
客観的な指導に感謝
佐々木昭彦さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (38) 大分県宇佐市
佐々木昭彦さん

 設備工事の仕事ですので、資格が必要でした。今まで何回も願書は出しましたが、仕事の都合で試験が受けられないケースが多かったです。昨年やっと学科に合格して、何とかしないといけないと考えている時に試験会場でアンケートに応えていた貴学院から案内が届きました。
 長く設備の仕事をしているので大体のところは分りますが、施工作文となると別問題で、自分ではこれでいいと思っていても試験に適した文章があるので、そういう微妙な部分をきちんと添削してもらったのは非常に参考になりました。要するに合格するための文章を学ぶことが出来ました。客観的な立場で添削していただいた先生には感謝しています。作文以外のところに関しては2日間講義に参加しましが、ある程度内容も分っていたので淡々と聞いていました。
 受講当時勤めていた会社を辞め、今は別の設備会社に勤務しています。ここは電気工事も行っているので、近い将来、電気工事施工管理技士の資格も取らないといけなくなると思います。その時はまたよろしくお願いします。

佐々木昭彦さん(ササキアキヒコ)〔九州建設専門学院No.357440〕
九栄会かわら版 平成26年5月号・・・No.1363 
取材:平成26.3.20(徳田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
受講して本当に良かった
松本 透さん
1管(1級管工事施工管理技士・実地) 男 (42) 長崎県諫早市
松本 透さん

 設備関係の仕事上必要な資格で、独学で勉強していたのですが、学科は何とかクリアできてもいつも実地試験で落ちてしまうので、もうこれは独学ではダメだと思っている矢先に貴学院から案内が届きました。多分、以前試験会場でアンケートに応えていたからだと思います。即決で申し込みました。
 受講してみて本当に良かったと思ったのは、実地の添削指導です。目からウロコでした。今まで何故ダメだったのか手に取るように分りました。先生から細かく指摘いただいた所をもう1回修正し直して、作文を具体的に仕上げていきました。
 お陰様で合格できました。次は1級電気工事施工管理技士を考えています。有難うございました。

松本 透さん(マツモトトオル)〔九州建設専門学院No.339510〕
九栄会かわら版 平成26年1月号・・・No.1268 
取材:平成25.11.27(徳田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
今の時代2級の取得は当たり前
浦尾祐次さん
2管(2級管工事施工管理技士・学科実地) 男 (27) 佐賀県唐津市
浦尾祐次さん

 2級管工事の講座を受講し、資格取得しました。貴学院に通おうと思ったのは、お金をかけて学校に通わないと、勉強しないだろうと思ったからです。お金をかけて勉強せずに不合格だったら色々ともったいないですからね。福岡に住んでいるわけではないのですが、授業がある日は福岡まで通っていました。ちゃんと先生がいてポイントを教えてもらう事がすごく役に立ちました。憶える必要があるところだけ憶えていけばいいし、直接教えてもらえるから難しいところも苦痛に感じず勉強に取り掛かることができました。2級はもっていて当たり前なので、あまり会社でも威張れないですけど、今はしっかり現場に出て毎日忙しく充実した日々を過ごしています。どうもありがとうございました。

浦尾祐次さん(ウラオユウジ)〔九州建設専門学院No.285698〕
九栄会かわら版 平成26年1月号・・・No.1262 
取材:平成25.11.22(井上)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込
くり返しDVDを見ました
金城 竜さん
1管(1級管工事施工管理技士・学科) 男 (34) 沖縄県島尻郡八重瀬町
金城 竜さん

 会社は濾過装置のメーカーですが、仕事上、下請けの業者さんへ施工方法のアドバイスなどをするため、1級の資格が必要になりました。忙しくて通学はできないので、会社の担当者がインターネットで通信教育の学校を見つけてくれました。それが九州建設専門学院でした。申し込んで試験まで3ヶ月ぐらいしかありませんでしたので、送付されてくるDVDを時間があれば何回もくり返し見て勉強しました。くり返すことによって最初はよく分からなかった所も分かるようになってきました。結果、学科は合格できました。次は実地試験ですが、現在、施工作文を作成しているところです。必ず合格します。有難うございました。

金城 竜さん(キンジョウリュウ)〔九州建設専門学院No.263322〕
九栄会かわら版 平成26年1月号・・・No.1250 
取材:平成25.11.12(徳田)
令和元年度(2019年度)資料請求令和元年度(2019年度)講座申込